from mountainside AKHIRO UEDA
from mountainside AKHIRO UEDA
UEDA AKIHIRO Second Album
from mountainside
2017.01.25.wed Release
from mountainside ジャケット
  • 1_こんな綺麗なブルース
  • 2_そっと口に運ぶように
  • 3_夢見る探検隊
  • 4_しかる人
  • 5_ドリーミングナイト
  • 6_深い森
  • 7_突然の依頼人
  • 8_街が詩人になるころ
  • Trailer

    Comments

    最近の音楽からはたいてい僕は距離を置いている。意図的にそうしているわけではなくて、自然とそうなってしまうのだ。音楽的に生真面目で非常によく出来ていて、無機質で潔癖性的に過ぎると感じるからだろう。
    植田くんのサウンドは綺麗なものが多いけれど、それでも遊びや古の音楽を感じさせるところがあって、安心できます。僕だっていつでもそういったものを取り入れながら音楽を作ってきたのだ。つまり、僕らは同士に近いね。

    田中拡邦 (ママレイド ラグ)

    植田くんの歌声を聴きながらわたしが遠く失ってしまったものについて考えた。このアルバムがあれば、ひとりぼっちの冬の夜もこわくない。

    浜田真理子

    私のようなしがないバンドマンがこのアルバムについてエラソーに語ることをご容赦頂きたいが、満を持して発表される植ちゃんの2ndアルバム、今回も最&高でございます。

    空まで届きそうな、どこまでもSweet &tenderなヴォイス、「それっぽい」シンガーははいて捨てるほどいるなかで、Sam Cooke 、Marvin Gaye 、Donny Hathaway 、Curtis Mayfield 、Otis Redding 等々、先人達が辿り、残してきたソウル・マナーを楽曲にも歌声にも太く正しく継承したシンガー、植田章敬。

    洋楽コンプレックスと、日本の風土によって、ガチャガチャと訳が分からない、ヘンテコリンで、ガラパゴス化した音楽が闊歩する我が国の音楽シーンで、植ちゃんの存在は、居そうで居ない、独特のポジションに立っていると、僕は常々思っているんだけど、

    前作で体現されていた楽曲の完成度はそのままに、今回リリックが一歩も二歩も深く踏み込まれていると、そう感じました。

    楽曲による、リスナーとの、より親密、濃密なコミットメントを植ちゃんは獲得したのだなと、思いました。

    また歌う旅しましょうね。

    アルバム完成おめでとう!!

    佐々木健太郎 (Analogfish)

    話すと超ブッ飛んだエピソードがだだ漏れるマイメン植田くん、2ndアルバム完成おめでとう。
    良い木材で作られたウェルメイドな古い家具の上を通る、すっきりと晴れた朝の光線、その仄暖かさ、みたいな良い作品ですな~。クリアで凛としてる。
    次松くんや松浦くん、そして玄くんと、僕もよく知る人たちも参加してて、彼らのひととなり含めた手仕事も、とても良く馴染んでるとおもう。
    も一回言おう、マイメン植田くん、2ndアルバム完成おめでとう。

    蔡忠浩 (bonobos)

    俺がはじめて革ジャンに袖を通したのは高1の冬。その格好でオールドファッ ションを頬張りながら向かった先はアメリカ村の古着屋だった。店に入って すぐ目に飛び込んできた鏡の自分と、帰ってすぐ観た「グーニーズ」は今で も忘れない。憧れはいつでも胸にあるべきもので、忘れかけた僕らの心を奮 い立たせてくれる。新しい気持ちにさせてくれる。せっかく友達にレコード を借りたのに、プレーヤーなんて持っていなかったあの頃の俺にも聞かせて やりたいよ。mp3でも何でもいいから。今の若者も、あの頃の若者も、きっ と胸に届く「from mountainside」です。

    早瀬直久 (ベベチオ)

    彼の瞳はキャピキャピしていない。あの日のビー玉のようにせつなさを帯びてやけにクラウディーだ。
    自我とこの世界を彼ならではの詩曲の舟で何度も渡ったからなのか、それは魅惑の表現者の証に思えてなりません。たまんないぜ、うえちゃん。
    そんな彼のツチノコサイズな才能てんこもりの、やっぱりビートルズライクなナイスアルバムにアドバイザーなんてまぶしい役割で参加させてもらえて、光栄かつありがたい一心です。
    うえちゃん、めちゃんこいいアルバムできてよかったね!やったぜ、うえちゃん!
    へその底から、ほんとうにおめでとうございます!!

    松浦正樹 (ANATAKIKOU)

    ~聴く処方箋「from mountainside」~

     

    植田章敬くんの声、メロディー、チョイスされる楽器の音色、それらすべてに鎮痛作用があるようだ。

    聴いている間にすっかり癒されてしまったよ、ありがとう。

    心が痛いひと、気持ちがすり減ってると感じてるひとはこのアルバムをどうぞ。いい処方箋さ。

    傷彦には特に「しかるひと」「深い森」が効きました。

    そう、すべては愛ゆえに!

    傷彦 (ザ・キャプテンズ リーダー)

    瑞々しいのに、どこかささくれ立った感触が伝わる。エッジはすごく立っているのに、ポップスとしての透明感がある。風通しがとてもいい。

    とても正直で誠実で、いかにも人の手によって作られたという血の通った凹凸感のある、実は現代においては尖ってる作品。

    あ、この感触は、僕の印象の植田くん個人、そのままだ。笑。

    Cozy (Laika Came Back)

    「この落ち着く気持ちはなんだろう?」。それが通して再生したときの第一印象。初めて聞くのに懐かしい。それは心地よくて、それでいて不思議な力を持っている。

    私はあまり歌詞を気にせず聞いてしまうタイプなのだが、やけに耳に自然と入ってくるんだなぁ。何故だろう…。それはその声や、ひょっとしたら本人のキャラクターがなせる技なのかな。変に奇をてらうことなく、感じたことを思いついたシンプルなメロディに乗せて歌う。こんな当たり前のことが実は今の音楽シーンのなかでは逆に稀有で今どきの楽曲につかれた自分の心の隙を見事に突かれてしまった感があります(笑)。うれしいとき、悲しいとき、落ち込んだとき、やる気満々のとき…etc。きっとね、この音楽はそっと寄り添ってくれるんだと思う。

    長い時間を通して、のんびり付き合える音楽を作る人、植田章敬。これからの作品にも期待してますよ!

     

    田中シンメイ (タワーレコード株式会社 広告宣伝メディア本部 本部長)

    愛、溢れる音楽探検家。“味のありすぎる2nd”できました。 はっきり言って“スルメ”です、、。

     

    恋焦がれるアメリカン・ルーツ・ミュージックへの情景をバンドと共にストイックに掘り下げた今作1stでの都会的なポップスを封印するかのごとく限られた音色でじっくりと奏でられるのは古き良きアメリカ南部を感じる優しく愛おしい(男臭い)ノスタルジア。THE BAND,Ry Cooder etc..先人達が紡いできた偉大なる音楽への深い愛情をもとにテーブル・マナーに忠実に挑んだ抑制的な音作りにもかかわらず、蓋をければ不思議や不思議、なんとも古くて新しい植田流のポップスを聴くことができる。さらに幸運であったのはプレイヤーの息づかいまでもが密封された濃密な“生音”をしっかり捕えた好録音盤であること。今この時代に、ここ日本で、こんなにも渋い音を奏でられるミュージシャンがどれほどいるのだろうか、、。味わい深く、玄人好みな1枚に。同時制作された3rd ALBUMで予告されている色鮮やかなポップワールド=”NEW POP”とやらへの期待も高まる。さらなる高みを目指す植田章敬がmountainside(=山の中腹)から送りつけてきた確信的な音の便り。

    守井義雄 (from mountainside sales promoter)