今日ポーカーは、多くの人々に単なる楽しみとしてではなく、トップクラスのカジノで巨額の賞金を勝ち取ることができるゲームと考えられています。しかし、特に科学者や物理学者の間でポーカーが取り沙汰されているのはなぜでしょうか。それは、ポーカーが数学と関係があり、その原理を知ることで対戦相手のハンドの中身を知ることができるからです。 

ポーカーの背後にある数学 

ポーカーでは確率がすべてです。52枚のカードをデッキとして使うため、例えばクイーンであれば4枚まわってくる可能性があります。言い換えれば、一人のプレイヤーの手にクイーンが配られる確率は7.7%ということになります。あなたがクイーンをすでに1枚持っていれば、残りの51枚のカードにはクイーンが3枚残っているわけです。そうなると、次にあなたの手元に2枚目のクイーンが来る確率は5.9%になります。この計算を極めると、現在ゲームに使われているカードや、誰が良いハンドまたは悪いハンドを持っているかを見極めるやすくなるのです。 

とはいうものの、ゲーム中はそうした勝率を考えながらプレイを進めていくわけで、それぞれのゲームで自分の勝率を計算し、それを実際に達成させなければ勝つことはできません。プレイ中は常にそのことを頭においておくことが大切です。 

とはいうものの、ポーカーは純然たる数学で解決できるものではなく、他にも要因があります。高い勝率を維持しているのにプレイを躊躇するプレイヤーがいるのは、ポーカーにつきものの高いリスクをとりたくないからです。

また、対戦相手の微妙な表情や仕草を注意深く観察することも大切です。凄腕のポーカープレイヤーになりたければ、ボディランゲージを習得することです。ポーカープレイヤーの多くはゲームの間、感情が表に出ないよう注意しているものです。勝っていても負けていても、常に同じような表情や仕草ができる人もいます。もちろんこれらのスキルは経験を通して学んでいくものです。 

オンラインポーカーをよく利用する人は、ゲームの数学的な部分を十分に掌握しているのではないでしょうか。ただ、勝つための戦略の良し悪しをさらに詳しく知ることはオンラインでも可能でしょうが、他人の心を読む経験を積むことはむずかしいでしょう。 

全力投球すべきか?

ゲームで全力を出しきって戦うべきか、という質問をよくされます。ポーカーの裏にある数学をマスターすれば、もっと本気でプレイすべきかどうか判断することができます。ゲームを左右する数学と相手を読むスキルについては、経験豊富であるに越したことはありません。また、凄腕のポーカープレイヤーたちが使っている戦略について、より詳細に学ぶことも重要です。彼らが良いハンドまたは悪いハンドを持っている時の心理状態を理解できるようになるからです。 

ゲームの裏にある数学を知ればプロのポーカープレイヤーになれるでしょうか?はい、ただし、プロのプレイヤーになりたければ、自分の感情をコントロールし、相手の心の動きを読めるようになる必要もあります。そしてこちらはそう簡単ではありません。自分の戦略を完全無欠にするには、一か八かの大勝負の経験を積む必要があるからです。